マロニエ医療福祉専門学校 小山歯科衛生士専門学校

トップページお問い合わせ・資料請求プライバシーポリシー

メニュー


◇歯科衛生学科(夜間部)【定員:40名】※2019年4月開設
  仕事と両立しながら”歯科衛生士国家資格”を目指すことができます。
  歯科衛生士は、すべての年代の人たちが健康で笑顔あふれる生活を送るため、歯や口腔の健康づくり、口腔ケアの支援を行う、専門職です。歯科衛生学科夜間部では、働きながらでも充分に学習できる環境を整え、確かな技術と豊かな感性を持った歯科医療のスペシャリストを養成します。
■夜間部ならではのポイント
ポイント① 仕事をしながらキャリアアップを目指せる
夜間部ならではの効率を重視したカリキュラムを編成し、臨床経験豊富な講師陣が最終目標である“歯科衛生士国家試験合格”へと導きます。
ポイント② 就職先での臨床実習も可能
歯科医院等で勤務されている方は、臨床実習を勤務先でも行うことができます。夜間部では慣れ親しんでいる環境での臨床実習が可能となっています。
ポイント③ ライフスタイルに合わせて学べる
授業開始時間は17時30分のため、昼間勤務されている方やご家庭をお持ちの方も無理なく資格取得を目指すことができます。
 
■資格について  
目標資格
・歯科衛生士(国)
卒業時取得資格
・歯科衛生士国家試験受験資格
■カリキュラム  
歯科衛生士は歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導の業務が法律で定められています。口腔は生体の重要な一消化器官であり、近年の少子高齢化社会においては歯科疾患の予防及び、口腔衛生の向上を図りサポートすることが大切な役割となっております。小山歯科衛生士専門学校では専門的知識を学び、楽しく実習しながらその知識・技術が活かせる歯科衛生士を育成します。

※表を横にスクロールしてご覧ください。

歯科衛生学科(夜間部) カリキュラム
  1年次 2年次 3年次
基礎分野 [科学的思考の基盤 人間と生活]
●生物学
●総合基礎
●歯科医療接遇
●コミュニケーション学
  [科学的思考の基盤 人間と生活]
●統計学
●情報科学
専門基礎分野 [人体の構造と機能(歯・口腔を除く)]
●解剖学
●生理学
●生化学
[歯 ・口腔の構造と機能]
●組織発生学
●口腔解剖学I
●口腔解剖学II
●口腔生理学
[疾病の成り立ち及び回復過程の促進]
●病理学
●薬理学
●微生物学
[歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み]
●衛生学総論
●口腔衛生学
●公衆衛生学
[人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能]
●栄養学
[疾病の成り立ち及び回復過程の促進]
●口腔病理学
[歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み]
●衛生行政・福祉論
専門分野 [歯科衛生士概論]
●歯科衛生士概論
[歯科予防処置論]
●予防システム論
●歯周病予防法I
●う蝕予防法I
[歯科保健指導論]
●保健指導論I
[歯科診療補助論]
●歯科診療補助法I
[臨地・臨床実習]
●実習指導I
●臨地・臨床実習I
[臨床歯科学]
●歯科保存学
●歯周療法学
●歯科補綴学
●口腔外科学・麻酔学
●小児歯科学
●歯科放射線学
●歯科矯正学
●障害者・高齢者歯科学
[歯科予防処置論]
●歯周病予防法II
●う蝕予防法II
[歯科保健指導論]
●保健指導論II
[歯科診療補助論]
●歯科診療補助法II
●業務管理
[臨地・臨床実習]
●実習指導Ⅱ
●臨地・臨床実習II
[歯科診療補助論]
●医療安全
[臨地・臨床実習]
●実習指導III
●臨地・臨床実習III
選択必修分野   ●特別活動 ●知識の統合
●特別活動
●総合歯科医学
  上へ▲
小山歯科(夜間部)から― 歯科衛生士へのステップ
 
  上へ▲

© 2004 MARONIE COLLEGE OF HEALTH & WELFARE SCIENCES · OYAMA DENTAL HYGIENIST , All rights reserved.

ポップアップウインドウがブロックされる場合は、一時的に許可または、ブラウザの「許可するWebサイトのアドレス」にアドレスを追加の上、ご覧ください。