マロニエ医療福祉専門学校・小山歯科衛生士専門学校

トップページお問い合わせ・資料請求プライバシーポリシー

【助産学科】第3期生が入学して2ヶ月になります。

▲新入生宿泊研修① ▲新入生宿泊研修② ▲演習風景① ▲演習風景②

早いもので、助産学科も開設3年目となり、4月に第3期生を迎えました。今年度は、入学翌週に宿泊研修を実施し、その後の学内での様子から、学生同士の結束が固くなったことを見て取れました。研修では助産学生としての意識の持ち方などについて考えるグループワークや、他学科の新入生と交流もでき、1年間の学生生活のスタートとして印象深い行事になった事と思います。
   
現在は、7月からの臨地実習に向けて、学内での講義・演習が進んでいます。教員は、学生の立場で対象者に助産行為を実施する責任の重さを伝えながら、学生が助産学生として誠実に、謙虚に学べるように後押ししています。
 
学生と教員も、お互いの看護観・助産観を語る機会を通して、次第に距離が近づいてきたように感じます。ここからが本番ですが、夢の実現を目指して、共に頑張りたいと思います。
 
学生Aさん
 
助産学科に入学して、もうすぐ2ヶ月が経過します。学生の中には、新卒だけでなく、何年も看護師として働いていた方もいますが、皆仲良く学び合っており、日々刺激を受けています。助産学科は、分娩介助技術などの練習をするための教材や環境が整っており、始業前や放課後も自分のペースで練習することができます。また先生方は親身に相談に乗ってくれるので、不安を感じることなく学習に取り組めます。7月から実習が始まりますが、今は実習に行くことがとても楽しみです。
 
 
学生Bさん
 
入学して2ヶ月が経ちました。看護師として一度臨床に出た後で、学生になることはとても不安でしたが、年齢・経験の様々な中で、親しい友人ができ、毎日楽しく学生生活を送ることができています。専門的なこと・新しい知識が増えることに楽しさを感じる反面、不安もないわけではありませんが、友人と助け合いながら、夢の実現を目指して、学んで行きたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
◆◇【助産学科】過去のトピックスはこちら◇◆
・卒業生の里帰り企画 「Home coming day」を実施しました。(17.02.16)
・「助産雑誌」に助産学科の学校紹介が掲載されました。(17.01.31)
・看護学生・助産学生交流会「教えて!先輩」を実施しました。 (17.01.12)
・卒業生の里帰り企画 「Home coming day」 を実施しました。(16.11.11)
・学生支援の一つである「ポートフォリオを用いた目標管理」についてご紹介いたします。(16.10.14)
・厚生労働省による「専門実践教育訓練給付金」対象講座に指定されました。(16.09.07)
・うづま祭において、健康教育の公開講座を実施しました。(16.08.03)
・『うづま祭』では公開講座を実施します!(16.07.07)
・助産学科の第2期生は、入学してから3カ月が経過しました!現在の学生達の声をお届けします!(16.06.024)

  • 一覧に戻る

© 2004 MARONIE COLLEGE OF HEALTH & WELFARE SCIENCES · OYAMA DENTAL HYGIENIST , All rights reserved.

ポップアップウインドウがブロックされる場合は、一時的に許可または、ブラウザの「許可するWebサイトのアドレス」にアドレスを追加の上、ご覧ください。