MENU
資料請求 説明会

インタビュー

教員の声

人生の中の2年間はあっというま。
とにかく一歩踏み出してみましょう

指導歴 16年目
本間 敦子

この学科の先生になった理由
学科開設に携わったことがきっかけで、働きながら目標を叶えようと頑張る生徒さんを温かく見守り、
支えられる存在になりたいと強く思うようになりました。
指導時あるいは学生と接する際に大切にしていること
・まず聴くこと
・相手の人生の背景を考えること
・暗くならず話してもらえる雰囲気作り
学生とのエピソードのなかで、一番嬉しかったことあるいは幸せを感じたこと
卒業生が遊びに来てくれることが嬉しいです。
学生時代には理解できなかった私たちの話が、卒業後に「わかった」と言ってもらえたときは、
心から「よかった」と思います。
先生視点で思うマロニエの良さ(他校ではなかなか真似できないマロニエの強み)
・面倒見の良さ
・教員のフットワークの良さ
・サテライト教室を選べること
看護通信課程で学ぶことについてまだ迷っている人に対して、背中を押す一言をどうぞ
どうしようかと迷っているのはきっと「学校に行きたい」と思っていることだと思います。
小さなきっかけかもしれませんが、それがドアを開く鍵なのかもしれませんよ。
人生の中の2年間はあっというま。とにかく一歩踏み出してみましょう。

一覧へ戻る